ご報告(弁護士さんに委託させていただきました)

私は、作家・音楽プロデューサーとしてだけではなく、
昔から雑誌での連載を持ったり、本を書いたり、
セミナーや講座で露出する立場でもあります。

そういう立場上、
ある程度のことは仕方がないことだと思っておりましたが、
講座の退会生徒の違約問題・過度な被害妄想、
アーティストの熱烈ファンによる盲信、
情報漏えい、逆恨みによる事実無根な書き込み・スレッドがネット上にあり、
この数か月、弁護士さんと共に、調査・対策を練ってきました。

内容的にも、名誉棄損、情報漏えい、事実無根、守秘義務違反、と認定され、
弁護士さん経由で、スレッド・書き込みの削除をしていただきました。

(こちらは過去のメールのやり取り・サーバー情報もすべて残っておりますので、
照らし合わせ・IP調査のために、全資料提出⇒確認済み)

また、同時に、調査・対策をして頂きました。

情報漏洩・虚偽をネット記載をした元生徒も特定し、
違約請求をさせていただきました。他の数名は現在も調査中です。

「ネット上では特定できない」と思って事実無根なことを書く人も多いでしょうが、
名誉棄損、守秘義務違反、虚偽となれば、調査は可能です。
スレッドを立ち上げた人の情報、大勢で書き込んでいると見せかけて実際は
数人で回している事実も、過去の退会生徒の誰が書き込んだのか、
情報開示請求で把握することが出来ます。

当然、弁護士費用含め、とてつもない金額が必要となるので、
そういう行動にまで出ずに屈してしまう方がほとんどだと思います。

しかし、私も、講座を長年主宰していますし、業界内での立場もございますので、
弁護士さん、対策事務所などと連携をとり、今回、削除と、特定をしております。

書き込みをした人間・情報漏えい・守秘義務違反者の特定、違約問題に関しても、
今後も引き続き、弁護士事務所、第三者機関と連携・提携をし、
常にチェック・調査・特定と、厳重に対処していきます。